フレッシュアイセラムの正しい使い方、推奨される使用方法

どのようなケア用品でも最適な使用方法があります。間違った使い方をすることで、肌に余計なストレスをかけトラブルの原因になりえます。せっかく肌のためにケアを行うのであれば、より良い方法でケアを行うことが大切です。そこでフレッシュアイセラムの正しい使い方についてまとめてみました。

フレッシュアイセラムの使用頻度やタイミング

フレッシュアイセラムは、できるだけ毎日の使用をおすすめします。目元は非常に皮膚が薄くデリケートな部位です。さらにクマができる、しわがでやすいなど、顔の印象を大きく左右する大切な部位とも言えます。それだけ大切な箇所ですので、エイジングケアのために毎日のケアを欠かさないほうが良いでしょう。

タイミングについては、一般的な目元ケアと同様でナイトケアが良いでしょう。お風呂上りに、化粧品や乳液などの通常のケアに加えて、フレッシュアイセラムを使用してください。1ボトルで15g入っており、1日1回のケアで約2か月分の使用が可能です。

目元の疲れや、エイジングが気になるという方は、朝晩の一日2回使用しても問題ありません。また、朝に使うメリットとしては、保湿成分も含まれているので、メイク崩れの予防にも期待ができます。乾燥が気になる季節は保湿がとても大切ですので、徹底したケアも良いかもしれません。

もちろん、毎日使ってしまうと、使いすぎてしまってお財布に厳しいという方の場合、スペシャルケア用品として、目元に疲れを感じているときだけ使うことも可能です。それだけでも次の日には、スッキリと疲れが抜けた感覚を得ることができるでしょう。

自分の肌の状態や、経済状況などに合わせて使用頻度を調整してみてください。

フレッシュアイセラムの塗り方

1.顔全体に化粧水や乳液をつけます
2.適量(1~2プッシュ)を手に取って、指で軽く混ぜるように馴染ませます
3.上まぶたと下まぶたに、数か所おきます
4.薬指の腹の部分で、カプセル成分を浸透させるように優しく馴染ませます
5.美容液を浸透させるように、指の腹で軽く押さえます

まず手の甲に出し指で混ぜることで、フレッシュアイセラムの温度が上がり肌に馴染ませやすくなります。そのため必ず手の甲に1度乗せるようにしましょう。

また、馴染ませる際には薬指を使うことが重要なポイントです。薬指は、他の指に比べて力が入りにくい特徴があります。目元はデリケートなため、強い力で擦ってしまうと肌にダメージを与えてしまうかもしれません。そのため、決して擦らず、包み込むようなイメージで馴染ませるようにしてください。

もし、気になるような部位があるときは、重ね付けをしても良いでしょう。下まぶたのキワや目尻などは、特に小じわが目立ちやすいため、しっかり入念にケアをおこなってください。

フレッシュアイセラムを使う前に目の周りの血行を良くすることで、作用を高めることができると言われています。そのため入浴後など血行が高まっているときに使用するようにしましょう。また目の周りのマッサージもおすすめです。ただ、他の箇所とは異なりダイナミックなマッサージには向いていません。擦らないように軽く押すマッサージをすることで血行を上げるようにしましょう。

プッシュする際には指の腹を用いて、痛気持ちいい程度の力加減で行ってください。息を吐きながらプッシュし「1・2・3」とゆっくり数えましょう。ゆっくり力を抜く動作を3~4回繰り返します。これらのポイントを押さえたうえで、眉頭の内側のくぼみや目尻の上のくぼみをプッシュしてください。ただ、やりすぎは良くないため適度に行うようにしましょう。

フレッシュアイセラムと他のコスメの併用はできる?

結論から言うと、フレッシュアイセラムと他のコスメ用品は併用も可能です。ただ、同じ目元ケアの商品など役割の同じスキンケア用品を複数使うことは、本来あまり意味がなくなってしまいます。

また、フレッシュアイセラムは無添加の商品であり、肌に負担がかかりそうな余計な成分は含まれていません。そのため、他のコスメの中に余計な成分が含まれている場合には、肌トラブルが起こらないとは言い切れません。そのため、できれば同じフィトリフトシリーズで揃えて使用することをおすすめします。同じシリーズは併用を前提に作られているため、問題なく使用することができます。

フィトリフトの定期便対象商品を使っている場合、購入の種類が多ければ割引率も高くなります。そのため同じシリーズを使用すれば、1本あたりの購入費用もリーズナブルになるメリットがあるでしょう。

フレッシュアイセラムはこのまとめ買いの対象になってはいませんが、定期便で10%オフにて購入できます。もし、肌の状態にトラブルが起こっても、初めて購入した方であれば全額保証制度も用意されているので安心です。